チラシの裏は意外と白くない

チラシの裏にも書けないような毎日

2017年夏休みのツーリング:day1しまなみ海道

書きたいときが書きどきなので、記憶が新鮮なうちにどんどん行こう。朝4時半起き。めちゃくちゃ眠い。

f:id:samurai375:20170720123707j:plain6時東京発ののぞみ1号、福山でこだまに乗り換えて新尾道まで。連休中日の始発の新幹線の割にそこそこ乗っている。でんこしながら新幹線に揺られること4時間。午前10時、すでにものすごい暑さだ。夏は朝のうちに距離を稼いでおくのがセオリーだけど、初日ばかりは仕方ない。それにしても暑い。

 

ここで誤算が一つ。自転車用の靴と行動用のサンダルを持ってきたわけで、ここまではサンダルを履いて自転車用の靴をバッグに入れていた。で、自転車に乗るべく履き替えてサンダルをバッグにしまおうとすると、全然入らないではないか。なんとか詰め込むも、パンパン具合がすごい。まさか靴よりサンダルの方が大きかったなんて。

 

新尾道から瀬戸内海まで真っ直ぐ南下すれば、一つ目の島までの渡船がある。渡船というより、動力付きの浮島みたいな感じだが。それにしても自転車乗りが多い。レンタサイクルや自転車レーンの整備をして積極的に人を呼び込んでるのもあるけど、ものすごい量。ゴミのよう。ゴミの一員となって渡船で向島という島へ。f:id:samurai375:20170720123733j:plain

 

ここからはひたすら島を半周しては橋を渡るの繰り返し。ただ、大型船舶が通れるように橋はかなりの高さにあるので、登ったり降りたりがけっこう多い。何度も言うけど暑い。

f:id:samurai375:20170720124014j:plain

 

途中大三島という島にはダムがあってダムカードがあるので、ちょっと遠回り。本州のダムは平日のみ配布とかのところも多いけど、四国のダムはもれなく土日も配布している。

f:id:samurai375:20170720124240j:plain

f:id:samurai375:20170720124936j:plain

f:id:samurai375:20170720124947j:plain

いくつの橋を渡っていくつの島を経由したのか定かではないけど、4時くらいにようやく対岸の今治市入り。今日の宿は道後温泉にした。今治から道後までは大したことないと思ったら、意外と40kmくらいあるらしい。ということは全行程100kmくらいだと思ってたけど、実際は140kmということになる。ダムへの立ち寄りと適当にルートを決めたツケが…もちろん日没までには着けるだろうが、せっかくの温泉街なのでのんびりしたい。16時なのにまだ暑い、しかも海岸線はゆるい向かい風になっている。しまなみ海道以上にぼんやり走っていたので、あまり記憶がないけど18時に宿に到着。宿はゲストハウス。もともと大広間だったところにところぜましと二階建てベッドが立ち並んでいる。ちょっと壮観。

 

f:id:samurai375:20170720125002j:plain

シャワって洗濯して、いよいよ道後温泉本館へ。ご覧の通りの人だかり。中は3階建か何かになっていて、2階より上は休憩室を利用できる。そして情強は2階の神の湯に行くとネットで見たので、その通りにしようとした。が、なんと休憩室が埋まっているので、今日はもう1階の神の湯(休憩室なし)しか入れないというではないか。残念。

温泉には詳しくないけど、いわゆる温泉感のある温泉(濁ってヌルヌルしてるような)ではなく、サラッとしていた。あと思ったほどイモ洗い状態ではなかった。

 

さすがにお腹が減ったので、夕飯を探しに行くもこちらも遅い時間なので軒並み売り切れか閉店。あと温泉街価格で高い。選択肢は1550円の鯛めしかローソンのコンビニ飯。何度も言うけど鯛は巷でありがたがられているほど美味しい魚ではないと思う。焼き魚にしたらパサパサな上に骨が硬くて食べるのが大変だ。その点サンマは安くて美味しくて最高だ。でもここには瀬戸内海の鯛めししかないようだ。果たして瀬戸内海の鯛は名産なのかわからないが、せっかくなので1550円の鯛を食べることにした。こちらが1550円の鯛。

f:id:samurai375:20170720130247j:plain

美味しそうに見えますね、美味しかったです。鯛はイマイチだけど鯛めしは美味しいと認識を改める必要があります。しかも1550円だと思ったら、付属品(あまり聞いてなかったけどデザートとか?)を出し忘れたので、単品価格でいいですとのこと。単品価格が1550円だと思っていたので550円も得したことになる。鯛めし大好き。

 

宿に戻るといい時間なので、翌日のルートを考えながら宿を予約しておやすみなさい。

2017年夏休みのツーリング:day0準備編

あまり面白くない部署に異動になったせいか特段書くこともなく、ブログは放置気味。でも最近忘れっぽいので、せっかくなので今年の自転車ツーリングの記録をここに残すことにしよう。途中で飽きて最後まで完走できないかもしれないけど。

 

今回は準備編。一般的にはこの場所に、この日程でいくと決めて、新幹線やら飛行機やら宿やらの早割を狙うのだろう。自転車ツーリングでも同じだ。が、自分の場合は一人旅だし、何よりそうやって決めてしまうと運悪く雨に降られる可能性もある。一般的には雨でも走るし、自分も降られたら諦めて走る。でも、降られる前ならできるだけ回避したい。そんなわけでいつも2週間前くらいまでに2、3個の旅程候補を準備しておいて、直前にどこに行くか決めることにしている。幸い今回は新幹線だったので、値段は変わらなかったが、昨年の知床の時は飛行機代がえらく高くついてしまった。その上、雨にも降られたしね。

 

というわけで今年は四国へ。なんといっても期間中ずっと晴れ予報なのだ。とりあえず行きたいところとしては、しまなみ海道、四国カルスト、四万十川。あとはそこを適当につないでルートを決める。実際にルートをしっかり決めたのは最初の2日だけ。宿の予約に至っては初日の宿だけだ。

 

ギリギリなのは旅程決めだけではない。装備も。当然荷物を持って移動しなければならないわけだけど、リュックサックなんて背負って走ろうものなら100kmも持たずに腰が痛くなってしまう。基本的には荷台をつけて荷台に専用のバッグを固定する。日本一周の人たちが後輪の両脇につけてるアレ。去年まではそのスタイルだったけど、何より荷台の付け外しが面倒、ゲストハウスやビジネルホテルを拠点にする限り、そんなに荷物は必要ない。というわけで今年は荷台を使わないスタイルに挑戦すべく、別のバッグを調達した。出発2日前の話だ。

荷物を減らす努力も怠ってはならない。最大の荷物は衣服。特に往復の移動や現地で出歩く普段着がかさばる。今年は薄手のパーカーにした。これは前日に調達。ついでに新幹線も同じタイミングで予約。行き当たりばったりと言われても仕方ないかもしれない。前途多難感を出して、準備編はおしまい。

かなしい

異動に伴い、とりあえず異動先の業務がさっぱりなので向こうの課長に聞いてみたところ、これで概略がわかるから、と某IT資格の教科書を渡された。2週間くらい前の話だ。

 

とりあえず読み進めるも、あまりのつまらなさである。○○なので××である、と書いてあるが、○○の説明はなされていないと言った具合だ。言葉遊びといっても差し支えない。技術分野の章に関しては中学校の技術で習うようなレベルの話ばかり。これからこれを仕事にするかと思うとゾッとするね。

 

それでも一通り目を通して、過去問解いてみるもあっさり合格判定。2度と勉強したくないので、試験の申し込みを済ませ、もう何年分かをやってみたけど、結果は変わらず。一応合格率は6割ということになっているけど、もしかしたら残りの4割の人は賄賂もらって不合格しているのかもしれない。

 

そんなわけで今日は有給使って試験を受けてきたわけだけど、試験時間の大半を残して終了。9割がた得点できているので問題はないと思う。

 

実質合格できてうれしいような、今後こんな仕事をしなければならなくて悲しいような。雨でやることもないし、休暇は取り消して午後から普通に働いた。出社後、まず第一に参考書を向こうの課長に返却したのはいうまでもない。

異動の時期です

異動になりました。しかも全然関係ない部署に。

 

クソ上司や笑い声がバカみたいに大きい女人ややたら言い間違いの多い先輩や会社に寝に来ている同僚もいてそれなりに不満もあったけれど、それでもメーカーらしくものづくりの部署。それがいきなり社内SE的な部署へ異動になりました。メーカー要素ゼロ。

 

全然縁もゆかりもない部署で何やってるのかわからないので調べてみたらIT投資とか予算編成とかをやる部署らしい。戦略部?名前はかっこいいけど調べれば調べるほどつまらなさそう。っていうかこんな異動ありなのか。大企業の横暴だ。凋落しているけれど。

 

と言う訳で華の?本社勤務もあとわずか、4月か5月くらいからは以前勤めていたいとちいさき街へ戻ることになりました。自発的には絶対に選ばない業種なのでまあ半年くらいは頑張ってみて、面白さが見出せないようなら転職しようそうしよう。多分見出せないだろうな。身近に転職経験者が豊富でよかった。

 

 

Macで書いたブログは意識高くありうるか

相変わらず社畜の毎日。金曜日に取引先に、うちらは土日とも出社する。お前らが作ったものも本当に間違いがないか疑わしいから、お前らも当然土日出社するんだろうな、と迫られたのが金曜日。弱腰外交、内剛外柔の弊社はわかりました、こいつに対応させますんで。というわけで人身御供的に昨日は社畜

 

がしかし、どうだろう。出社一時間で、取引先からすみません僕らの使い方が間違ってました、今の所御社の作ったものは間違いなさそうです。次に結果でるのは月曜日なんで、ほんとすみません。などと言い出すではないか。

 

本来なら、ラッキ!って帰りたいところだけど、弊社のクソシステムが帰宅を阻む。すなわち残業規制である。残業規制がかかっているにもかかわらず、帰れないとは妙な話だが、事実である。

 

つまり。今月の時間外労働はもう上限に達しているため、時間外労働はできない。が、休日出勤して、その分の代休を取得すれば時間外労働しても時間外労働としてカウントされないのだ。そして、代休取得をするためには、休日に七時間以上働く必要がある。七時間以下の場合、その分が純粋に時間外労働になる。というわけで最低七時間働かなければならない、やることもないのに(ないってことはないけど)。もはや反則、違法だ。

 

というわけで今日は出社しなくて済んだわけだけど、朝起きると大雨、大嵐。これではとてもお外になど行けない。となれば、昨日届いた意識高いパスコンの立ち上げでもやるか、と相成った。ちょこちょことものを入れてるけど、よく考えるとやりたいことはたいていWindowsじゃないとできないんだよな、というわけでとりあえずMacの初仕事は、このブログを書くこととなった。やはり自宅ではなくスタバで書いたブログじゃないと、意識高くないな。

ダースをばれぬよう食す日

あまりにもお腹が減ったので隣の先輩が不在の隙をついて、ダースを盗み食いすることにした。このように3個が食べられている。
■■■□
■■■□
■■■□

素直にこうしてひとついただく?
■■□□
■■■□
■■■□
いや、先輩の性格上、きっと一列食べたところで別れを告げたに違いない。ということはバレる確率は極めて高い。

では思い切って3個いただくか?
■■□□
■■□□
■■□□
ハイリスクハイリターンだが、3/4と2/4では大違いだ。バレること確実。

第一案の改良で、ひとつつまんで、右に寄せるのはどうだろう?
□■■□
■■■□
■■■□
経験上、最初の数個こそカウントしながら食べても、最後はパクパク食べてしまうので、数などわかるまい。さらに言えば、最後までダースが整列していた試しもない。これは妙案だ。自分がやられたら絶対に気づかない。ククク。

さて、仕事しよ。

安易な気持ちでキーボードを裏返してはいけない

相変わらず社畜の歌を歌いながら社畜三昧。今日も部長課長相手にプレゼンさせられ、挙句いまの議事録書いといてねだって。プレゼンしながら議事録を取らされることをプレゼン前に予測しておくのが真の社畜なのだろうか。

そんなわけでブタブタモンクイーしながら仕事をしてると、どうにもキーボードの間のゴミが気になる。よく見るとめちゃくちゃ汚い。気になったが最後、もう仕事どころではない。いくつかの問題をクリアしてやや心にゆとりができたせいか、気になって仕方ない。キーボードをひっくり返してパンパンしてみると、出るわ出るわ、ゴミがゴミのようだ!いやしかし出過ぎではないかね、ゴミのようなゴミ。
よくよく観察してみると、ゴミも地球の重力にとらわれているようで、特に最下段のゴミがひどい。この文字通り幅を利かせているスペースキーをとったらどれだけゴミが取れるのか…
大抵のことはググればわかるので、さっそくキートップを外してウェットティッシュで掃除してみる。次は隣の変換キーか?それとも次に幅を利かせているシフトキーか?などとやっていたら15分くらいキーボードと遊んでしまったようだ。いつかキートップを全て外して丸洗いしたいものだ。こればかりは無給でも文句は言うまい。