チラシの裏は意外と白くない

チラシの裏にも書けないような毎日

NASA

今日はいつも以上に朝ぼんやり。もしかしたら風邪の前兆かもしれない、今日は早く仕事を切り上げてさっさと寝てしまいたいものだ。いつもとそう変わらない時間に出発したにも関わらず、激混みのため1つ目の青い電車1本、2つ目の黄色い電車2本にそれぞれ積み残され、3本目の紺色orオレンジの電車に乗り遅れ、8分ほど遅い到着。まあちょうどいいといえばちょうど良い。というのはうちの会社の勤務時間が0.25時間に量子化されていることに深く関係している。0.25時間すなわち毎時0,15,30,45分からしか勤務時間をカウントできないシステムであるからして01分や46分に朝のタイムカードを切るというのは言語道断、情弱のやることに他ならない。1分たりとも給料の発生しない時間に仕事はしたくないのだが、何時もの電車ではたいてい0846にタイムカードを切ることになる。とんでもない愚行を繰り返してきたわけだ。どうやら一本電車を見送ると57分と割と良い時間に着くのだ。よしよし。

仕事は今日も大してすすまない。確実にこっちに来てから、なにが理由かはわからないがパフォーマンスが落ちている。なぜだろう、水が変わったからかね。

ひょんなことからアホで有名な母校の高校が体罰問題で一時世間様を騒がせていたらしいことを知る。しかし体罰など日常茶飯事、この訴えた高校生じゃないけど、普通だと思っていたわけだ。まあこの高校、なかなかに頭が悪く、話題に事欠かないわけだがもろもろのエピソードは機会があれば書くことにして、たった今知った衝撃の事実について取り上げさせていただきたい。

うちの高校は体育選抜を売りにしている。そのためかどうかは知らないがとにかく強面の教師が多い。ヤ○ザ顔負けである、って本物のヤ○ザさんには会ったことないので、気を悪くしたヤ○ザな読者さんがいたならば、お詫びして訂正いたします。申し訳ありません。で、あるからして丸刈りの教師も結構いたので、その時は丸刈りの大人なんてなんとも思わなかった。
月日は流れ大学時代、就活かなんかの話題でお前、いくらものぐさだからって丸刈りはまずいでしょ、スポーツ刈りくらいにしとけ!って会話を聞き、なるほど一般の社会人的には丸刈りはNGだがなるほど、お坊さんは坊主だし教師も聖職者であるからして丸刈りOKなのか、と今の今まで思っていた。が、教師といえども丸刈りなんて稀有な存在、普通はいないというではないか。にわかに信じがたいが、万が一恥をかくのは怖いので、この話題に積極的に触れるのは今後よしておこう。

今日も帰ったらピアノとストレッチ、カステラ食べて寝ることにする。