チラシの裏は意外と白くない

チラシの裏にも書けないような毎日

4/1生まれ

4月2日、といえば毎年思い出すのが学年の区切りは3/31と4/1ではなく、4/1と4/2であること。わかりづらいな、3/31生まれの人と4/1生まれの人は同学年、というミステリーである。毎年疑問に思っては調べずじまいで成長がないので、どれ今年は調べてみようではないかということで調べてみた。身近に4/1生まれの知り合いでもいれば話は早いのだが、生憎友達が少ないので、そういう友達もいないのだ。で、Google先生に聴いてみると、どうやら満○歳という年齢の数え方と慣習的なお誕生日会の乖離にあるようだ。そういえばお誕生日会というのにも呼ばれたことはなかったような気がする。

そんなことをぼんやり考えていると、タイムカードが反応しない。反応しなくてアワアワしてたら、研究室の後輩にクフフを食らってしまう。そういえばそろそろ大学に会社説明をしに行かねばならぬ頃だ。

自席に着くや否や、モンベル先輩がガンプラについて調べていたのでしばしガンダムトークに花が咲く。ガンダムトークからパワプロドラえもんあたりに話が写ったあたりで、ボチボチ仕事を始める。

午後は講習会のためずっとぼんやり。隣の方で、今年はうちの部には新人が来ないという噂を小耳に挟む。まあ事務仕事はおおいけど、末端の構成員は追うべき責任がないから満更でもない。

さて仕事、と思ったら奥さんがそれぞれコンサート、研修で不在の綱島先輩と土佐先輩に連れられ個人経営の居酒屋へ。なんだかんだ意識の高い集団から一歩離れたところでチマチマ仕事をしている3人なのでとても気楽だ。ということで前々から気になっている、ミサワパイセンについて聞いてみた。やはりチマチマ仕事をしている仲間同士、あまり認識は変わらず、綱島先輩曰く、彼はほら技術じゃなくてマネジメントで生きてくつもりでしょ?なんでうちの部署なんだろうね。土佐先輩曰く、あいつなんで毎日スーツなん?綱島先輩それを受けて曰く、技術で生きてくつもりのお前らとは違うって言いたいんでしょ?あれだ、なんだかいつも以上にお酒が美味いね。

というわけで、そこそこ飲んでそこそこ食べて、そこそこな時間に帰宅。結局いつもより早い時間に帰れたので、久々におピアノでもするとしよう。