チラシの裏は意外と白くない

チラシの裏にも書けないような毎日

仮入部

後輩がわざわざ、今日は青い地下鉄信号故障で遅延ですよLINEをくれる。ありがたい。できれば毎日青い地下鉄、黄色い地下鉄、南北縦断するJRの遅延情報も配信してはくれまいか。

駅に着いてみると、ホームに人が溢れかえってウンザリ。人がゴミのようで、自らゴミの山に分け入ってゴミになり切らねばならぬのはなんとも納得いかない。

会社に着いてトイレにいくと、コンタクトに付け替えているミサワパイセンに遭遇。なぜわざわざ会社でコンタクト?と思ったけど、よくよく思い返してみるとどうやら社外の人との打ち合わせ=コンタクトという図式があるようだ。昔の勤務地では普段はビジネスカジュアル、社外との打ち合わせはスーツだったようだが、こちらに移ってから毎日スーツ宣言なので、こういうルールに落ち着いたのだろう。全くもってどうでも良いが。

仕事は今日もつまらない。やりたいことばかりをやるわけにもいかないので、仕方ない。が、やりたくないことはあからさまにパフォーマンスが落ちるから、会社的にはやっぱり適材適所でやったほうがいいんじゃないかね。

夕方は面談。ボチボチやってる旨を伝え、特にこれと言ったこともなく終了。不満はあるか?と言われたけど、仕事をしないでお金が欲しいとは流石に言えず。

珍しく定時退社を決めて、モンベル先輩とボルダリングジムへ。抜歯のため休暇を取った東大先輩はすでに始めている。歯抜いたばかりだというのに。
基本的な説明を受けてからは、基本的に個人プレーで登る。初心者らしく一番簡単な課題から一つずつ潰して行く。女の人がスイスイ登っているのを見ると、やはり筋力だけではないようだ。結局下から二番目のレベルまでの課題を大方片付けたところで、腕が限界になったのでやめた。明日の筋肉痛が心配だ。

東大先輩は20時半頃、奥さんがお怒りのため帰宅。モンベル先輩とは22時過ぎまで岩を登り、王将でご飯をご馳走になり、ボチボチ帰宅。家に着くのはまた0時を回りそうだが、とても楽しいひとときだった。ハナキンで飲みにいくより100倍は楽しいね。