チラシの裏は意外と白くない

チラシの裏にも書けないような毎日

また崖登り

朝ラッシュはちょっとした戦争だ。人と人、荷物と電車、電車と電車、人と電車いたるところで小競り合い。
人と人は言うまでもない、電車の中で自分の場所を確保するのはそれなりに苦労するし、こういう時ばかりは体格のいいおじさんが羨ましいね、こういう時だけね。もちろん駅でもそれは同様で、駅構造や乗車位置によっては駅それぞれの難しさがある。例えば地元の駅は単式ホームで壁際に並ぶルール。初めのうちはいいが、だんだん混み出すとどのダァの列に並んでるかわからなくなる上、さらに人がサチると今度は壁際に並んだ人の前に並ばざるを得なくなり、つまりは後から来たのに追い越され、水戸黄門状態。
んで、なんでこんなに混んでるかといえば隣の駅で荷物がダァに挟まったらしい。現場を見たことないけど、普通に挟まってトラブルにはならんよね。あれかね、目的駅に着いたわーって油断してたら戸袋に荷物が引き込まれた的な?油断大敵。やっぱりはやく丸腰スタイル出社を決めたい。
そうして遅れているものだから、時間調整やら前車との間隔調整やらで電車が止まる止まる。後続電車との間隔が開いているため、当駅にて少々停車しますとか言われると、自己中だから無視して行ってしまえとか思ってしまう。
人と電車は海産物の話ではないし、実害にあったわけでもなく、どう考えても無理なタイミングで電車に飛び込んで行ったおじちゃん、頭がダァに挟まれてそれは盛大にメガネが吹き飛ばされていたのをニヤニヤ見ていたという具合。

仕事はボチボチ、というか朝の通勤で削られすぎた。今日のおにぎりはアルミホイルで包まれていた割に、持ち帰り命令が下されなかったが、万が一が怖いので持ち帰ることにした。

終始省エネモードで定時すぎに退社し、絶賛仮入部中のボルダリング部の活動へ。今日は東大先輩夫妻とモンベル先輩と。アップ不足か慣らしがてら登ったルートで左肩負傷。本業に支障を来たさない程度に登ってみた。前回負け越していた課題はあっさりクリア、といっても4つくらいだけ課題を進めてギブアップ。東大先輩やモンベル先輩はもちろん、東大先輩の奥さんも、自分よりはるかに難しい課題をスルスルこなしているのを見ると、やはり筋力ではないようだ。

何てぼんやり考えているうちに、もうすぐ家だ、が、そういえば夕ご飯食べてないな。どうしよう。