チラシの裏は意外と白くない

チラシの裏にも書けないような毎日

オーバードーズ

いつもの出社スタイルどおり、ミサワパイセン今日もドスドス大股歩き、レッドブルプシュ、PC電源ポチー、椅子にドカッ、レジ袋ゴソゴソ、ボルビックドヤァ!と思いきや、なんですか今日の飲み物?モンスターのペットボトル??完全にオーバードーズじゃないすか。いつも通りエンターキータターン!し始めたので放っておこう。しかし意識の高さと歩幅、足音には相関があるのか、彼の直属の上司も大股で足音うるさいんだよね。

今日も蓋を開けてみれば打ち合わせばかり。とりあえずできる部分はエンターキータターン!でパソコンくんに勝手にがんばってもらう。

昼はいつも通り昼寝をしていると、昼休み終了5分前に、なんだか荘厳な音楽が鳴り響き起きてしまう。不愉快である。音の主はミサワパイセンのようだ、まったく不愉快。

午後も打ち合わせ、その後急遽かつての勤務地であるいと小さき街へ。相変わらず人が少なく、のんびりしていてよい。

社畜なので、定時までいと小さき街で作業の後、ちゃんとゴミゴミした街に戻って仕事。花金らしくすでに大半の人が退社してガラガラの居室、得体の知れない箱が山積みの自席。どうやら仙台と大阪からの送り物のようだ。いろいろ手続きしなきゃならないが、お腹が減って仕方ないので、とりあえず今日もお休みモンベル先輩の机に全て放り投げてパンを食べる。パンを食べていると、武蔵小杉さんからこの前見てあげたESが通りましたよ連絡。なんか適当なことしか喋ってない割に、君はES通過率高くないかね?武蔵小杉さんが優秀なのか、適当で的確なアドバイスができているのか、おそらく前者だな。TOEIC550点しか取れてないので、履歴書には書けないんですよーとか言ってたしな。安心して欲しいね、僕はその半分くらいだから。

休日にパソコンくんを酷使すべくいろいろ仕込みをしてたら22時を回っている。さっさと帰って寝ることにしよう。