チラシの裏は意外と白くない

チラシの裏にも書けないような毎日

群馬でレース

5時半起き6時10分前に水上温泉目指してミーのカーでゴー。前回ほどではないが、やっぱり眠たい。越後へ向かう高速は100kmオーバーで流れてるんだけど、異常に密集している。料金所で後方確認せずレーンチェンジして来たレクサスx2にぶつけられそうになる。幸先が悪い。川を渡りいよいよグンマーに入ると、いつもの千葉のラジオが聞こえなくなる。

会場には3時間近く前に到着。プリウス監督とミツカンさんを待ちつつ準備。会社のクラブの人にもボチボチ挨拶して受付、アップ、11時からレース。天気はどんより、いまにも降り出しそうだ。

今回は40人くらいの出走。8周50km弱。半周くらいはおとなしく集団真ん中辺に陣取るも、しんどいので前から10番目あたりのところまで、チャリンコの合間を縫って上がっておく。後ろにいたほうが空気抵抗は受けないのだが、今回のように細かいアップダウンで加減速の多いコースでは、集団の伸び縮みの影響を大きく受け、急加速と急減速を強いられる。渋滞と同じ。で、空気抵抗を受けるほうを選んで前のほうへ。

やはり前のほうはペースが一定で楽、だが誰が強くて誰が下手くそか、全員が探り合いをしている。今回のコースは平均36km/hくらいで走るので下手くその近くを走って、落車に巻き込まれでもしたら大変なので当然と言えば当然。

2周回完了くらいで、大体前にいる人間が固まって来て、うまく自分もそこに入り込むことに成功。大体5人くらいで先頭を回して、たんたんと距離を進めていく。そろそろ勝つために頭を働かせなければならない。今いる集団は約30人。このままゴールまで持ち込めば、ゴール直前のダッシュ勝負、いわゆるゴールスプリントになってしまう。これは苦手、勝率が低いため避けたい。
となると同じ考えを持った人と同調してこの集団を抜け出すか、先頭でペースを上げまくって集団の人数を減らすか。
とりあえず後者を選択、飛び出す選手がいればついて行ってチェックする作戦。

コースの一番長くキツい坂は大体自分が前3番手以内でこなしつつペースを上げて、後ろのほうの体力を削る。たまに飛び出す選手はいるものの、すぐに戻って来てしまったり、着いてみてもすぐに諦めてしまう人ばかり。これはまずい。

最終周になっても20人強くらいの集団。非常にまずい。ペースを上げても、同調してくれる人がおらず、自分から飛び出しても付かず離れずの距離で、気づけば集団に合流されている感じ。ほぼ勝負あっただが、悪あがきで最終周は全部の登りでペースアップし5人くらいのリストラには成功したが、結局20人弱でのゴールスプリントへ。だいたい2〜3レーンでスプリント勝負になるため、一番スムーズに流れるレーン選択と、自分が全力を出し切れる距離を見極めて冷静にその距離から発射する必要がある。が、いかんせん今回は人が多すぎる。自分が乗らざるを得なかったレーンは、ゴール手前400mくらいで失速。入賞は無理、それでもとりあえず200m手前くらいから発射してみるも、最終周のアタックで脚が動かず。トップ差2秒で13位。ゴール後、脚の力を抜いた瞬間にこむら返りで、芝生にほぼ倒れこむ形で自転車から降りる。めずらしく回復に10分くらいかかってしまった。

少人数勝負に持ち込めず、集団スプリントをせざるを得なかった時点で今日はダメだった。入賞した選手は先頭引かずに前5人が先頭交代している真後ろに陣取り続けた人たちだった。この人たちは終始、ヤジを飛ばしたり押して来たり(ここまではあるあるなんだけど)、うちの1人は肩つかんで10秒くらい離さなかったりと、流石にそりゃ反則だろっていう感じだ。まあ負け犬の遠吠えに過ぎぬ話だが。練習通りの走りはできたので、その点はヨシとしよう。

同じクラスで走ったミツカンさんは残念ながら途中棄権、最上位クラス残留をかけて走ったプリウス監督はなんなく完走。会社の先輩も年代別で入賞のようだ。

雨も降って来たので、ちゃっちゃと撤収。プリウス監督はご家族と観光へ。ミツカンさんとご飯を食べて温泉に浸かり解散。帰りに会場近くのダムによってダムカードをゲット。着実にダムカードコレクションが増えているぞ、しめしめ。コンビニでコーヒー買ってトーキョーへ。

これからいよいよ渋滞へ、というところで強烈な頭痛と眠気でまっすぐどころか一定のペースで走るのも辛い。このままでは事故ること確実なので、渋滞が延びるのは覚悟の上で、サービスエリアにピットイン。10分だけ寝るつもりが30分近く爆睡してしまったが、おかげでスッキリ。渋滞は倍に伸びていたが、仕方ない。帰りは高速代ケチって首都高は乗らず、練馬から下道で帰宅。疲れたけど、明日は午前休みだ。目覚ましかけずに寝ることの至福よ。