チラシの裏は意外と白くない

チラシの裏にも書けないような毎日

Edible fried hammerhead shark

午前5時過ぎ。半刻後朝ノ礼拝ヲ始メル、総員至急準備サレタシ、此レハ訓練デハナイ。繰返ス、此レハ訓練デハナイ。の放送。我ら異教徒は行ったところでうろたえるのがオチと開き直り、総員5分のうちに再度沈黙。結局7時過ぎにモゾモゾ起きたのだっけ。

みんながみんな異教徒と知ってか知らずか挨拶をしてくれることを昨日学んだので、部屋を出たら務めて明るくすれ違う人に挨拶をする。朝の恒例行事、すなわちトイレに行くと歯磨き中のオジさん、もちろん挨拶。さて、これで支度は整った。3人分の宿泊費を握りしめ、隣のお部屋へ突撃。と思ったら、手配をしてくれた岐阜の友人父は洗面所へ向かって不在とのこと、あれ先ほど挨拶したお方かな、柄にもなく朝から愛想良くしといてよかったぜ。

支払いミッション、アメニティをCtrl+Zする作業も完了し9時過ぎにノコノコお世話になった宿を後にする。昨日は暗くて酔っ払ってて気づかなかったけど、こりゃものすごい車の数だね。月一の礼拝で、この都市のいたるところが満員御礼のようだ。

そんなわけで、まずは月例礼拝で賑わいをみせている本部へゴー。の前に朝ごはんである。コーヒー、クロワッサン、サラダ、ゆで卵、駄菓子をいただく。が、神戸隊員、なんだねその不器用なゆで卵の食べ方は。

いよいよ本部へゴー。の前に今度は書店へ。なにやら岐阜県民が何かを買い込んでいる、やたら余白の多い戦隊ものの下敷きのようだ、ありがたい。ところでスタンプラリーはどうなったのだろか。

今度こそ本部へ。しかし睡眠不足と昨日のお酒でいつも以上にぼんやりだ。そんなぼんやり頭でも今日の光景はしばらくは忘れられなさそうだ。昨日見た信者の何十倍、いや何百倍という装束の集団が集結しているではないか。すごい、圧巻。しかし昨日のミッションを遂行して行く中でこの程度では動じないメンタルを身につけたため、中央突破を試みる。こりゃすごいね。昨日は容易に入れた本部回廊はおろか、まっすぐ歩くことすらできない。みんなが歌を歌っているので、それっぽく口パクしながら南から北へ通り抜けたら疲れてしまった。

それにしても本部の掃除しかり、月例で遠路はるばる集まったり、並の信仰心ではないね、これは。そんでもってなんだかみんないい人そうだし、日本人あるあるの宗教に対する偏見みたいなものは改めた方がよいようだ。特に今回はお世話になりっぱなしだしね。

本部を後にし、いよいよ宗教都市を離れる時が来た。なんだか駅前の広場で踊っている信者と思しき人々、手に持ったセンスを動かすたびにシューシュー音がする、まさにスターウォーズライトセイバーのように。まさかフォースの使い手!?…と思ったら、みんなで本当にシューシュー言ってるだけでちょっとがっかり。

初日の心残り、すなわちフライドシャークガチャを課金して、フライドハンマーヘッドシャークを首尾よく入手し、喜々としてカメラにつけておく。なんでこんなものを作ろうと思ったのか、なんでこんな企画が通過してしまったのか知る由もないが、間違いなく僕のような人間があるからだろう。このシュールさ、絶妙である。だというのに、なにかね君たちのそのうわーいまいちみたいな顔は。

京都に向かう車内はひたすらに眠る。京都の少し手前で乗り換え、銀閣寺近くの金平糖屋敷へ。たしかに美味しいし、手間暇もかかっているのだろう。それはわかるが、ちと高い。手が届かぬ。金平糖ベンツを横目に次の目的地へ。途中でやたら美味しい餅と饅頭のお店でお土産を買い、せっかく京都に来たので下鴨神社へ。なんだか広いし緑だ。卯年ゾーンに課金して、下鴨神社を後にする。ようやくお腹が減って来て、今日のメインディッシュをこなせそうな腹具合である。よしよし。

川沿いを少し下ってから小さな電車に揺られること数分、天下一品総本店近くの駅に降り立つ。少し歩き、疲労もそろそろ、と言ったところで目当ての総本店に到着。時間の割りに混んでいるけど、すぐに入れてラッキー!チャーハン定食、通称チャー定。初挑戦の細麺以外の選択肢は正解、いつも通り裏切らない天一だ。しかしちと食い過ぎた。

駅もすぐそこという段になってもう歩けない、そこの公園で一休みしよう。妙に打てそうな白チームのセカンド、赤チームのキャッチャーを応援しながら試合終了まで眺めていたら、ぼちぼち歩けそうな腹具合だ。

岐阜県民お気に入りの、本人曰くもうすぐまっちょいの本屋に行き、妙に狭いトイレに苦戦し、以前勧めた超芸術トマソンの本片手にレジに並ぶ岐阜県民を眺めて、これまた小さなしかし激混みの電車で終点まで。すこし腹ごなしに、羽虫の大群に襲われたり、戦隊ヒーローっぽい神戸隊員の姿を見たり、フライドハンマーヘッドシャークのストラップをある時はガムテープ丸めたゴミに、またある時は枯葉に空目しながら一駅ほど川沿いをブラブラ。

京都駅近くの駅から京都駅まで歩こうとするも、知らぬ間に工事現場、関係者以外立ち入り禁止の袋小路に迷い込み、間一髪脱出に成功するという異教徒っぷりをここでも発揮。携帯の電池残量が心許ない中、なんとか帰りの新幹線を確保し(実際あぶないところだった)、駅構内、ビール豊富、空いてる、その上盗電もできる(盗電ではないけど)イケてるお店に、神戸隊員に案内してもらい、Jスポーツで自転車レース見ながら、フライドハンマーヘッドシャークをよりエディブルに見せる工夫に頭を捻ったりしながら新幹線の時間を待つ。

京都から在来線でさらに西へ帰る神戸隊員と別れ、名古屋まで課金した岐阜県民と名古屋まで。名古屋からはひたすら日記を書きまくり、東京駅から地下鉄に乗り換え地元駅に今まさに到着しようとしている。

とても楽しい旅行だった。普段なかなかいけないところにも行けたし、なにより2日間通して宗教日和な天気なのが良かったね。次は戻り鰹だ。