チラシの裏は意外と白くない

チラシの裏にも書けないような毎日

エンジンをかける

午前休暇を申請していたけど、交代したばかりの新しいカッチョさんの承認がまだ降りてないので、申請をなかったことにして朝から出勤。まあ後から承認でも問題ないのだけれど。

朝意外とスッキリ起きられたけど、仕事はまた別。全くやる気が起きず、ノロノロとエンジンを始動させる。連休中に相当焼けたので、いろんな人に焼けたねだのその分だと試験勉強はしてないね、などと言われる。まあ事実なので仕方なし。

11時から打ち合わせ、昼寝をしたいこういう時に限って打ち合わせは長引き気づけば12時20分。大急ぎで弁当を食べ、10分ちょっとの昼寝時間を稼ぐもそんなものでは足りず、午後もぼんやり。

定時の鐘くらいからエンジンがかかり始めたので、ボチボチ残業する。同期は有給使って明日の試験に備えているらしい、はて明日?明日って明日か、認識してたけど実感なし。もういまさら帰ったところで家に着くのは22時過ぎだし、それから勉強する気力もない。せめて筆記用具は忘れないように、帰ったらすぐに詰め込むことにしよう。勉強してないのは周囲にごまかせても、筆記用具忘れは恥ずかしいからね。