チラシの裏は意外と白くない

チラシの裏にも書けないような毎日

仕切りの場所と数

せっかくタオルケットを入手しても、やっぱり朝になると隅っこに追いやられている。昨日の雨のせいか、朝の冷え込みがいつも以上。そう、つまりは寒くて目が覚めた。

そんなわけで朝一から睡魔との戦いを強いられるくらいに眠い。そして衝撃の組織再編発表。どうやら先日のカッチョさんに次いでブッチョさんが変わるようだ。で、部のもう少し上のところから大きく組織が変わる…と見せかけて、結局ほとんど隣の部と統合、分割ということで、収益体制の強化だのそれっぽいことをいいつつも結局大きな容器の仕切りの場所と数を変えただけにすぎない安っぽい組織再編だった。その証拠にカッチョさんも周りの人も業務も変わらない。強いて言うなら課の番号が変わるので名刺を作り直すのが面倒なことと、いわゆる人間様の仕事色の強い人選になったため、ますます畜生の生きにくい組織になったくらいだ。そうそう、数少ない畜生仕事仲間のモンベル先輩が隣の課に行ってしまうことが最大の問題だ。気軽におしゃべりできる数少ない先輩なので、非常に寂しい。

というわけでいつも異常にやる気なく働く。定時から畜生の仕事をするので今日も22時半退社。明日はハナキンさっさと帰ろう。ハナキンとて飲んでくれる相手がいるわけでもないのだが。