チラシの裏は意外と白くない

チラシの裏にも書けないような毎日

実質最終出勤日

それにしても暑い。遅刻しそうで走って汗が止まらない、ならまだわかる。が、今日はどんなにゆっくり歩いても、外にいるだけで汗が止まらない。しかし周りの人は随分と涼しい顔していらっしゃる。女の人などもれなく2枚ずつ着てるし、スーツの人もいる。暑くないの?そういう病気、ありますからねってことなのか?

そういえば車内で30半ばくらいのサラリーマンがどうやら同業らしい会話をしていたので、聞くともなく聞いていると、どうやらメガネの方の隣の席の人が眠ってばかりらしい。メガネじゃない方の人はしきりに、そいつは病気だと言っている。メガネはいやいや、でもやることある時には起きてますよ、と反論。非メガネ、いやそれは普通だから。
さて、うちの人は例えやることあっても寝ているけれど、どっちなのかね。

午前中は打ち合わせ、午後は夏休みに内職をするためにノートパソコンの環境を作ったり、引越し準備したり、他社へ宿題を放り投げたりして一日が終わる。結構時間をかけてはみたものの、内職準備は終わらなかった。なんだか徒労な一日。