チラシの裏は意外と白くない

チラシの裏にも書けないような毎日

鬼の居ぬ間に

今日は比較的目覚めは良い、ので比較的ゆっくり歩いて汗をかかないように牛歩作戦で会社へいく。

相変わらず乗り換えた後の電車でよく会うお姉さんに今日は最初の電車で遭遇する。だからなんだということもないのだが、ちゃんと規則正しく出勤はできているようだ。

会社に着くと今夜の飲み会が相当嫌なのか、綱島先輩がずっと文句を言っている。面倒な老人たちと飲むらしいので、それはさぞかし面倒なのだろうね。僕はといえば来週末に控えた課の歓送迎会すらずる休みすることにしているからな、と思ったら綱島先輩もおサボりあそばせるらしい、というか有休とな。とろうかね、有休。

今日は大体頭のいいソフトに計算は全部任せて、のんびりとすごす。厄介なクソ上司も出張だかゴルフだかでいないので、やりたい放題だ。

何回か計算を回して、明日の会合に向け20時には退社。

下界の暑さを心配していたが、どうやらニュースによれば天上界の方が3.4度も高かったらしく、無駄な心配余計なお世話だったらしい。明日は厳しい戦いになりそうだが、実際にお天道様のもとを歩くのは最初だけで済むのかもしれないね。