チラシの裏は意外と白くない

チラシの裏にも書けないような毎日

カチャパチ職人

±0kg。

今日は電車がやや遅れ、見る見る間にホームは人で埋め尽くされ、集団心理の崩壊によって整列乗車とは言葉ばかりの、要するに二本電車を見送った上ようやく乗り込んだ電車もすし詰め状態。前も書いたかもしれないけど、寿司ってそんなところぜましと並んでるものではないよね。
で、どのくらいのすし詰めかといえば、ポケットからスマホ出して操作するのもしんどいくらい。そんな中でも職人というのはいて、カチャパチカチャパチ始める。カチャパチしたことないからわからないけど、ファンデーションより繊細な動きが求められるアイラインを引いている。ただでさえ揺れる車内、今日は寿司たちがうごめく中で。そういう大会にでも出ればいいのに。

今日はいよいよ甲子園決勝。となれば仕事など手に着くわけなどなく、初回から突き放す東海大相模、追いつく仙台育英、9回に勝ち越しホームランからのえげつないダメ押しと、まさに手に汗握る戦いだった。願わくばテレビで、いっそ生で見たかった。今年は野球素人にもわかりやすく面白い大会だったな。

というわけでその後はやる気なく…ともいかず、明日人間様の会社でお話しすべくボチボチ残業、うどん食べてガンバロする。