チラシの裏は意外と白くない

チラシの裏にも書けないような毎日

ブロンプトンのキャリアを外した話

今日は1日雨なので、この機を逃すわけにはいかない。雨の中ホームセンターで8mmと10mmのレンチを買いにいく。もう東京マラソンは関門を締め切ったらしく、交通規制は解除されている。

 

レンチを買って、ついでに国立新美術館で東京語芸術大学連合卒業・修了制作展というのを見てきた。去年は東京芸大の卒展に行ったけど、プロの展示と違っていろんなジャンルのを一気に見られるから楽しい。しかも無料だ。

 

帰ってきて、ぼちぼちブロンプトンの面倒を見る。後輪を外して、キャリアの構造を観察する。なにしろ独自規格が多いので、最悪元に戻せなくなる可能性もあるので写真もいっぱい撮っておく。

f:id:samurai375:20190303234714j:plain

こんな感じで、フレーム、ブレーキアームとともじめしてある。すでに後輪は取り外し済み。

f:id:samurai375:20190303234721j:plain

このゴム付きのネジをまずは外す。ゴムに近いところはφ15mmなので、後輪外す用のメガネレンチでも実は外せる。今日仕入れたレンチは頭が8mmでお尻が10mmなので、損はしていない。フレームに近い方がφ10mm。

f:id:samurai375:20190303235137j:plain

で、買ってきた8mmが活躍するのがここ。フレームとキャリアのステーを止めてるナットがφ8mm。なぜかドライブトレイン側は内側にボルトの頭・外側にナット。半ドライブトレイン側は内側にナット・外側にボルトの構成。調べた限り他のブロンプトンもそんな感じらしい。どういう意味があるのやら。というわけでこれを外す。予想通り共回りしてしまうので、結局片方はモンキーレンチでおさえることに。

これですんなりキャリアが取れるかと思いきや、ブレーキアーチとキャリアの根元が干渉してなかなか取れない。というか明らかにスペースが足りない。右に左に上に下に抉って、なんとか取り外しに成功。今回の作業でいちばんの山場だったかもしれない。キャリアを再度取り付けるときに大変だろうな。。

f:id:samurai375:20190303235744j:plain

一応ネジの順番。ブレーキ止めてるのは、前方からワッシャー、スプリングワッシャー(っていうんだっけ?)、丸パイプを止めるためのやつ、ワッシャー、ブレーキの順。

キャリアステーを止めるのは、ドライブトレイン側は外からボルト、ワッシャー、(ステー)、ワッシャー、ナット。半ドライブトレイン側は外からナット、ワッシャー、(ステー)、ワッシャー、ボルトの順。わすれないように。

f:id:samurai375:20190304000111j:plain

ここまでばらすことはあんまりないので、綺麗にしておく。

f:id:samurai375:20190304000116j:plain

ブレーキを元に戻してみたけどブレーキワイヤーはシートステーの内側を通すのが正解?外側を通すのが正解?内側を通したら、ホイールに干渉してしまいそうだけど…とググってみたら、内側(写真の状態)が正解。組み上げてわかったけど外を通すと、リェーンに干渉しそうだ。

キャリアのないリアフェンダーの取り付け。あっさり、と思いきや謎のパーツが出てきた(ブロンプトン屋に外してもらったので、この部品の由来がわからない)。さっきキャリアのステーがついていたところに固定するのは明らか。3つの腕が出ているが、2本はちょっと長めに作られている。

f:id:samurai375:20190304000341j:plain

わからない、が、こうだろう。これ以外考えられない。リアフェンダーの後端が落ちてこないようにするためのステーの様子。前側は完全に金属部品を外さないといけないが、後ろ側はちょっと緩めれば、隙間から入る。

f:id:samurai375:20190304000539j:plain

今日、最後の悩み。リアフェンダーのステーもキャリアのステーと同じく、左右でボルトとナットの位置関係が逆転している、それはよい。問題は外側から

①ナット(もしくはボルト)→ステー→ワッシャー→フレーム

②ナット(もしくはボルト)→ワッシャー→ステー→フレーム

のどちらか、ということだ。ステーとワッシャーの位置関係がわからない。

そもそもこれだけ自転車いじってるけど、いまだにワッシャーの意味がわからない。ウォッシャーって言う人もいるよね。なんとなく、ワッシャーを使った方が、ボルトやナットの締結力が上がりそうな気はする。そしてそれは、ワッシャーが面で接している場合な気がして、そうすると①が正解なのだが。。いろいろググって、ステー固定部分の画像を探してみると、どうも②っぽい。断言はできないが。まあ、リアフェンダーなんてぺらぺらのプラスチックで重量もたいしたことないから、どちらでもブロンプトンが壊れるようなことはなかろう。

①と②、どちらが正解か、今度リアキャリアなしのブロ乗っている人を見かけたらじっくりみさせてもらおう。

f:id:samurai375:20190304000857j:plain

こんな感じ。

 

あとは諸々の部品を洗って、レース仕様のギアに入れ替えて、後輪取り付けて変速調整して。この辺は去年散々苦労したから、ことしはすんなり。

 

2時間くらいかけて、ようやくリアキャリア外しとレース仕様のギア換装おしまい。あとは注油して、通勤で慣らし運転。

f:id:samurai375:20190304001731j:plain